くるくる

カポエィリスタMTBerのクルクルした日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

berimbau

子供が産まれて落ち着くまでは6年間続けているカポエィラをお休みしているのですが…

最近、カポエィラやりたくってウズウズしてます。

ビリンバウだけでも周囲を気にせず思いっきり叩きたい。



ビリンバウ(ブラジルポルトガル語:Berimbau) は、ブラジルの民族楽器。打弦楽器の一種。

弓矢を棒(「バケタ」と呼ぶで叩くという原始的な構造である。

DSC_0878.jpg

共鳴器として、中身をくり抜き乾燥さ せたヒョウタンを使用する。

DSC_0875.jpg


音程の調節は石(「ペド ラ」と呼ぶ)またはコイン(ドブラウン)で行う。

DSC_0877.jpg

またカシシ(ラタン製のカゴの中に植物の種が入った楽 器)を使うことも多い。

DSC_0882.jpg


この楽器は、主にブラジルのダンスのような格闘技、カポエイラで使用される。

説明文 Wikipedia



ビリーバという木を削り出してタイヤの中から取り出した針金を弦として張り、半分に切った瓢箪を取り付けただけのシンプルすぎる楽器、ビリンバウ。カポエィラを象徴する楽器です。ビリンバウ無くしてカポエィラは成立しません。

capoeira-contemporanea.jpg

image_2863.jpg


構造はシンプルなのに慣れるまではめちゃくちゃ難しいのです。

まず弦をしっかり張るのが難しい。硬いビリーバの木に体重をかけてしならせながら弦を張ります。

弦が張れたとしても片手でビリンバウを持って支えながら演奏するのが難しい。重いんです。

小指を引っ掻けて支えるのですが、長時間叩いていると小指が千切れるかと思います。小指固まります。

カポエィラを始めた頃はビリンバウの練習が嫌で嫌でしょうがなかったのですが、今ではビリンバウの虜です。

まだまだマニアックなスポーツ、カポエィラですが、機会があれば是非体験してみて下さい。

ちなみに私はカポエィラ・コンテンポラーニャを4年続け、今はカポエィラの中でもさらにマニアックなカポエィラ・アンゴーラをやっています。







スポンサーサイト
  1. 2012/06/21(木) 12:01:34|
  2. カポエィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カポエィラムービー


低くゆっくりのカポエィラ・アンゴーラの動きから、素早く宙を舞うようなカポエィラ・コンテンポラーニャの動きへ。

映像の撮り方、音、カポエィリスタの動き、クオリティー高すぎ。

http://m.youtube.com/#/watch?v=Z8xxgFpK-NM

  1. 2012/02/16(木) 12:07:19|
  2. カポエィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体が痛い。


打撲のダメージはやっぱり翌日にやってきた。午前中、雨は降ってなかったけどさすがに山へ行く気にはなれず。動けるかどうかわからんけど、ビリンバウは練習したかったのでカポエィラ練習には参加。

新しい歌も練習。発音とか意味とか解らない所はハファが教えてくれる。こんな時、メンバーにブラジル人がいると非常にありがたい。



軽く動いてみる。左にケーダジヒンをやると腰の傷口と左肘がジャストミートして悲鳴。

前回「音がうるさい」と苦情が来たようなので今日からは22時で終了。

  1. 2012/02/13(月) 23:50:44|
  2. カポエィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カポエィラ流、誕生日の祝い方。


風邪もなんとか回復したので昨日は久しぶりのカポエィラへ。

練習の最後、その場にいるカポエィリスタ全員に連続してジョゴ(組み手のような事)を挑まれるという、かなりハードで有り難迷惑な(笑)カポエィラ流の誕生日の祝い方で祝ってもらいましたー。

祝う方はいいのですが、祝われる方は息も上がって最後はフラフラです。

ジョゴが終わってから出してくれたケーキ、吐きそうになったし。

それでもやっぱり嬉しいものです!どうもありがとー!



  1. 2012/01/24(火) 12:13:22|
  2. カポエィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カポ納め


今年最後のカポエィラ。

いつもの四人と久々のNさん。少しカポエィラをかじった事があると言う見学者二人。

20111212_221827.jpg

ビリンバウを弾きながらそれぞれコヒードのソロを歌って回していくけど、ポルトガル語どころか歌詞を覚える事すらサボっていたから歌詞が全然出てこない…。

なんとか簡単な歌を歌って場をしのぐ。

僕がMTBにうつつを抜かしていたばっかりに、Nさん主催の日曜朝練習が無くなってしまった事を申し訳ないと思いながら、Nさんが奏でるサンベント・グランジのリズムはやっぱり僕の気持ちを上げてくれる。
所属していたグループが無くなってしまった僕が今もこうしてカポエィラを続けていられるのはNさんのお陰。ほんとにヘスペイト!

楽器歌練の後はジョゴ。

ハファとのジョゴが面白かった。
ブラジル人特有の陽気さがそうさせるのかな。

野暮用の為、ビリンバウの音に後ろ髪を引かれながら僕は途中退散。

来年はもっとカポエィラも頑張ろっと…。

  1. 2011/12/13(火) 13:32:25|
  2. カポエィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。